「おくりびと」がアカデミー賞受賞|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

「おくりびと」がアカデミー賞受賞

日記 
ブログネタ
今日の出来事 に参加中!
映画界最大の祭典、第81回米アカデミー賞の発表・授賞式が22日(日本時間23日)、ロサンゼルスのコダック・シアターで行われ、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が外国語映画賞を受賞した。

 日本作品の同賞受賞は1956年に現行のノミネート方式になってから初の快挙。主演の本木雅弘(43)、広末涼子(28)、余貴美子(52)、滝田洋二郎監督(52)が壇上へ。滝田監督が代表してあいさつに立ち、「本当にうれしいです」と英語でスピーチした。

 加藤久仁生監督の「つみきのいえ」も短編アニメ賞を受賞。日本映画は1955年に「地獄門」が名誉賞(外国語映画賞)と衣装賞を受賞して以来、54年ぶり2度目の2冠を獲得した。

 「おくりびと」は山形県を舞台に遺体をひつぎに納める「納棺師」になった男性の姿を描いた作品。日本ではロングラン上映されヒット、日本アカデミー賞では本木の最優秀主演男優賞など10冠を獲得した。

 主演男優賞は「ミルク」のショーン・ペン、同女優賞は「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、助演男優賞に「ダークナイト」の故ヒース・レジャーさん、同女優賞はペネロペ・クルスが選ばれ、ダニー・ボイル監督の「スラムドッグ$ミリオネア」は監督賞と作品賞を受賞した。

 滝田洋二郎監督「この映画で助けてくれた皆さんに感謝します。本当にうれしいです。私が来られたのも映画のおかげです。私にとってはまた新たなる旅立ちです。私たちはまた再びここに戻ってきたいと思います。ありがとうございました」

日本でヒットしても海外ではどうかなぁと思っていたんですが、まさかまさかの受賞でしたね(´∀`)

日本人としてはやはりこういう評価を受けるのは嬉しいですねぇ。

アニメ賞のつみきのいえの方もちょっと気になりますが(´∀`*)

あまりいいニュースのない
2009年02月23日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます