茨城の少女「しんどい」書き置き 誘拐容疑者宅から保護|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

茨城の少女「しんどい」書き置き 誘拐容疑者宅から保護

日記 
行方不明になっていた大阪市に住む小学6年の女児(12)が保護された未成年者誘拐事件で、大阪府警に逮捕された栃木県小山市の自称派遣社員、伊藤仁士容疑者宅から保護された茨城県の中学生の少女(15)は、6月ごろに自宅を出た際に「しんどい」などと書き置きを残していたことがわかった。

 捜査関係者によると、書き置きには「少し自由にさせてほしい」とも書いてあり、学校生活などに悩んでいたようだったという。その後、少女から「東京にいる。1週間ぐらいで帰る」と書かれた手紙が自宅に届いたが戻らなかったという。

 茨城県警によると、家族が同月に行方不明者届を提出。部屋に伊藤容疑者のものなど複数の携帯番号が書かれた紙もあったことから、7月に捜査員4人が伊藤容疑者の立ち会いのもと、任意で伊藤容疑者の自宅内を捜索したが、少女は見つからなかったという。県警などが伊藤容疑者と接触した経緯などを調べる。


15歳の子の方は逃げていなかった訳で、色々謎というか・・・。

こんな環境でも、自宅の方が嫌だったのかと思うと、何とも複雑ですが。

「しんどい」って書置きする様な環境に戻る訳で、何か家庭の関係を改善しないと結局また家出を繰り返すのではないかと心配ですね。

今回の容疑者は、たまたまそういう意味ではマシな部類だったのかもしれませんが、次がまたそうだとは言えないですしね・・・。

しかし、自宅よりもマシだと思う環境、状態ってのは一体どれだけ居場所が自宅になかったのか・・・。
2019年11月25日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます