12階建てビル最上部から鉄パイプ、直撃した通行人男性が死亡|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

12階建てビル最上部から鉄パイプ、直撃した通行人男性が死亡

日記 
19日午前8時15分頃、和歌山市のビル(12階建て)の最上部から鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、道路を歩いていた20歳代男性の頭に当たった。男性は病院に運ばれたが、死亡した。

 ビルには地元商社の本社が入る。和歌山西署や同社によると、最上部から道路までは40メートル以上。最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。15日の午前中にも同様に鉄パイプが落下する事故があったという。

 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。


恐ろしい事故ですね、正直事故って言葉で片づけて良い話ではないですが。

数日前にも同じ事やっているのに、何故すぐに繰り返すのか理解に苦しむ。

安全管理体制に問題なかったかって、あるから事故が起きたんでしょうが、しかも数日前にもって。

数日前は、運良く誰にも当たらなかったのかもしれませんが、それでもすぐ繰り返すってのは危機意識の欠片もないと言われても仕方ないでしょう。

そんな頭上から鉄パイプが落ちて来るなんか思わないですもんね、本当にその時に下を通っていたってのが不運だったってのは、酷すぎますよ。

気を付けて歩いても限度がありますからね・・・。
2019年11月19日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます