クマ駆除で苦情「眠らせて山へ返せなかったか」など300件超 増える出没…生息数管理は必要か 北海道|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

クマ駆除で苦情「眠らせて山へ返せなかったか」など300件超 増える出没…生息数管理は必要か 北海道

日記 
先週、札幌市南区の住宅街で9日間に渡ってクマが出没し、付近の住民は不安な日々を送りました。
最終的に札幌市は、クマを問題個体だと判断し駆除しました。
駆除によって騒動を収拾した札幌市ですが、その一方で300件以上の苦情も寄せられています。

「いただいたご意見で多いのは、何とか駆除せずに何とかできなかったのかということで、例えば、麻酔銃を使って眠らせてから山へ返せなかったのか、とか。道外にお住まいの方からのご意見も多くあった」(札幌市環境局環境共生担当・金綱良至課長)

道内では30年以上前、クマによる人や家畜、農作物への被害から、生息数を減らそうと、春先にクマの駆除を積極的に進めました。
しかし、駆除によって今度はクマの絶滅が心配され、今では中止されています。
専門家の中には、駆除の中止によってクマの生息数が増え、住宅街へ出没する原因の一つになっていると考える人もいます。
実際、18日も北広島市の住宅近くでクマが目撃されたほか、ふんも見つかっています。

「やはり不安ですよね。いつ出てくるか、わからないから。(ここに住んで)30年近くになるが、今回初めて、クマの出没を聞いた」(近くの住民)

北広島市は、出没範囲から、6月に野幌森林公園に出没したクマと同じ個体とみていますが、問題個体とは言えないとして、駆除までは考えていません。
道は現在、電気柵の活用などクマからの被害の予防を呼びかけていますが、抜本的な生息数の管理についても議論を始めたい考えです。


やはり偽善者たちが、文句言いだしたんですね。

地元の人らならいざ知らず、文句言うのが道外の人間って・・・。

自分たちの近所にクマが連日現れたら、そんな事言えるのかな? さっさと何とかしろって文句言うんじゃないのかな?

クマは可哀想だけれども、それに困らされる人たちは可哀想じゃないのかね、こういう人らの頭の中って。

安全な場所にいて、好き勝手言うなと現地の人は思っているんじゃないですかね。

こういうお花畑な馬鹿な声に惑わされずに、今後も人命優先で対応して欲しいですね。
2019年08月20日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます