日中屋外でスプレー噴射 通行人に目撃され中止か 札幌爆発|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

日中屋外でスプレー噴射 通行人に目撃され中止か 札幌爆発

日記 
 
札幌市豊平区平岸の建物で16日夜に起きた爆発と火災で、入居する不動産仲介業者「アパマンショップ平岸駅前店」の男性店長(33)が、同日昼ごろにも屋外で除菌消臭用スプレーを廃棄するための噴射作業を行っていたことが19日、同店関係者への取材で分かった。

 店長は作業を複数の通行人に目撃されたため中止し、16日夜に店内で再開したとみられる。道警もこうした事実を把握しており、店長がスプレーを噴射した経緯について調べている。
店舗周辺で数本を噴射 目撃され店内に戻る

 店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」の関係者によると、店長は16日昼ごろ、店舗周辺で未使用のスプレー数本を噴射。通行人に目撃されたため、すぐに作業をやめて店内に戻ったという。

 同社の佐藤大生(たいき)社長によると、店長は爆発の約30分前の同日午後8時ごろから、スプレー缶120本を店内の休憩室などに集めて並べ、一斉に噴射。店長が作業を終え、手を洗うために湯沸かし器のスイッチを入れようとした際、爆発した。店長は「危険性について認識していなかった」と話しているという。

 同社によると、スプレー缶は賃貸物件の消臭用で、顧客から1本1万円で消臭業務を請け負っていたが、契約の多い時期は実施しきれないことがあった。同店の在庫の目安は60本と指導していたが、店内には160本あったという。スプレーの原価は約千円だった。


日数が経過するにつれて、スプレーの本数が増えている様な・・・。

そりゃ外で未使用のスプレーを無駄使いしていれば目に留まりますよね。
中身を使い切った後のガス抜きじゃないんだもの。

そこで店内に戻る辺り、後ろめたい気持ちの現れで、自覚があったって事でしょうね。

しかし、スプレーの原価が1000円で代金は万単位とは、良い商売ですねぇ。
2018年12月22日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます