乗車しようとした小4転倒、救護せず発車 市バス運転手を停職|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

乗車しようとした小4転倒、救護せず発車 市バス運転手を停職

日記 
京都市交通局は21日、市バスに乗車しようとして転倒した小学4年の男児を救護しなかったとして男性運転手(34)を停職6カ月の懲戒処分にした。運転手は同日付で依願退職した。

 同局によると、運転手は11月8日午前8時20分ごろ、東山区の東山三条バス停で、市バスの入り口の扉を閉めた際、男児が扉の横のブザーを押して乗車の意思を伝えたにもかかわらず発車させた。男児は歩道で転倒したが、運転手はそのまま走り去った。男児は足を打撲する軽傷だった。運転手は「朝のラッシュ時で運行が遅れており、次のバスに乗ってほしかった」と釈明したという。

 通行人が東山署に通報し、同局が調査した。運転手と上司が男児と両親に謝罪したという。


救護しなかったのは悪かったでしょうが、この男児も問題あるんじゃ・・・。
そもそも、救護できる状況だろうか、状況も見えないかも知れないし。

これで停職6か月とか重いと思うなぁ・・・、しかも退職したとか、可哀想に思ってしまいますね。

バスの扉がしまったならば、発車直前で危ないし、素直に諦めれば良かったと思うんですが、まだ子供だから、もうこれに乗り遅れたらおしまいだとか思ってしまったのだろうか・・・。

会社も運転手を守って欲しかったなぁ、今の世、ひとりでも大声で全員が言っているかのような批判言う様な連中がいるから、それに屈したか配慮したのか分かりませんが、残念な対応ですね。

通報した通行人も、よかれと思っただろうけれども、何かねぇ・・・。

男児の両親は、そもそも発車間際のバスに近寄る危険な行為自体をしっかり叱って欲しいけれども、難しいだろうなぁ、今時の親だと。
2018年11月22日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます