名古屋で覚醒剤340キロ押収 営利所持容疑で3人逮捕|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

名古屋で覚醒剤340キロ押収 営利所持容疑で3人逮捕

日記 
名古屋市港区で10月上旬、タイヤホイールの中から覚醒剤約340キロが見つかり、愛知県警が押収していたことが捜査関係者への取材でわかった。末端価格の合計は200億円を超える。100キロ単位の押収は全国的にも珍しく、県警が一度に押収した量としては過去最多という。

 捜査関係者によると、県警は今月4日夜、名古屋市港区の倉庫で覚醒剤を持っていたとして、いずれも台湾人の徐正嘉(37)、許栄棋(38)、陳┳(28)の各容疑者を、覚醒剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで現行犯逮捕した。徐容疑者、陳容疑者はおおむね容疑を認めているという。

 110番通報を受けた警察官が倉庫に駆けつけたところ、タイヤホイールを解体している男らを発見した。ホイールの内部には大量の覚醒剤が隠されていたという。県警は、国際的な密売組織が関与しているとみて、流通経路の解明を進めている。

 財務省の統計によると、密輸入された覚醒剤の年間押収量は、2008〜15年に300キロ〜800キロ台で推移。16年には過去最多の1501キロを記録し、昨年は1159キロだった。密輸された覚醒剤は受取人らが介在し、密売グループや暴力団関係者らを通じて末端使用者へ渡っているという。

 警察庁によると、覚醒剤の末端価格は現在、1グラムあたり約6万円で、近年は下落し続けている。押収量は増えているものの、全体の流通量への影響は限定的とみられる。県警幹部の一人は「数百キロの押収でも、氷山の一角ということだろう」と漏らす。


覚醒剤絡みだと国際的な犯罪になりますね。

数百キロの押収でも、氷山の一角って事実が怖いですね・・・。

これだけの量が今も国内のどこかで使われていると思うと・・・。

しかし、連中もあの手この手、色々考えて持ち込もうとしますね、いたちごっこになるのだろうけれども、少しでも水際で食い止めて欲しいものです。
2018年10月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます