不倫相手女性に覚醒剤注射容疑 35歳医師を逮捕 警視庁|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

不倫相手女性に覚醒剤注射容疑 35歳医師を逮捕 警視庁

日記 
不倫相手の20代女性に覚醒剤を注射したとして、警視庁代々木署が、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、東京都渋谷区笹塚の医師、根本雄志容疑者(35)を逮捕していたことが5日、同署への取材で分かった。「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は昨年12月21日ごろ、渋谷区の自宅で女性に覚醒剤を注射し、使用させたとしている。

 同署によると、同日夜に女性から「根本容疑者から暴力を振るわれた」という趣旨の通報があった。事情を聴いたところ「寝ている間に覚醒剤を打たれたかもしれない」と話したため、検査を行ったところ覚醒剤の陽性反応が出たという。自宅からは使用済みの注射器が見つかった。根本容疑者は行方が分からなくなっていたが、今月2日昼ごろに同署へ出頭。陽性反応は出なかった。

 根本容疑者は東邦大学医療センター大橋病院(目黒区)の呼吸器内科に勤務していたが、同院によると昨年12月末に退職した。

医者が不倫して、覚せい剤とか終わっているね。

この女性、大丈夫なんだろうか・・・。
んー、でも、何で覚せい剤を打たれたと思ったんですかね? 注射器とかあったのかな。

しかし、容疑者がしばらく行方不明でその後出頭って、薬抜けるまで時間稼いでたって事かな。

そんな芸能人、前いたような・・・。
2018年01月05日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます