貴乃花親方の理事解任発表 臨時評議員会で承認 池坊議長「著しく礼を失する」|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

貴乃花親方の理事解任発表 臨時評議員会で承認 池坊議長「著しく礼を失する」

日記 
 日本相撲協会の臨時評議員会(池坊保子議長)が4日、両国国技館であり、貴乃花理事の解任案が承認された。会議は評議員7人中、5人が出席。池坊議長によると「全会一致」。ただし、同議長は規定に則り、採決には参加しなかったと明かした。審議は午前11時から始まり約1時間行われた。

 12月28日に開かれた臨時理事会で、貴乃花理事の解任を評議員会に提案することが決議されたことを受けて、開かれた。これにより貴乃花親方は理事から役員待遇委員へ2階級降格となる。

 先月の臨時理事会で協会の八角理事長や、危機管理委員会の高野利雄委員長(元名古屋高検検事長)は、解任案の提出理由として「報告義務を怠った」、「聴取要請の拒否」の2点を挙げていた。これが理事としての「忠実義務の違反」にあたるとし、この日の審議でも追認された。また、池坊議長は、貴乃花親方が八角理事長から電話にでなかった点なども挙げ、「著しく礼を失する」と非難した。

 発端は貴乃花部屋の平幕・貴ノ岩が昨年10月26日未明に元日馬富士に暴行された事件。危機管理委員会の報告によれば、被害者の師匠、貴乃花親方は同29日に鳥取県警に被害届を提出。11月1日に鳥取県警から日本相撲協会に捜査協力要請があった。協会は、県警の連絡で事件の発生を把握した。

 同14日、報道により事件が表面化。同日、危機管理委員会において調査することが決定。同17日から25日までの間に貴ノ岩と貴乃花親方に計5回、聴取を要請したが、同親方は捜査への支障を理由に拒否した。

 加害者側の元日馬富士の師匠、伊勢ケ浜親方はすでに理事を辞任し、貴乃花親方と同じく2階級降格の役員待遇委員となっている。


まぁ、こうなるってのはある程度、予想できたけども、そのまんまで苦笑。

しかし、よく礼を失するとか言えますよね、この人が毎回出て来て自分勝手な発言しているのを見るのは不快ですね。

こんな独裁を許している間は、相撲協会はもうダメだろうね、既にダメだけれども。

相撲好きな人たちは、こんな私怨による茶番劇を見せられて何を思うのか・・・。
2018年01月04日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます