ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡なし 新潟|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

ダム放流、下流で親子が流される 事前連絡なし 新潟

日記 
新潟県新発田市の滝谷森林公園で17日午後4時ごろ、加治川の中で水遊びをしていた男児(9)と母親(45)が流される水難事故があった。親子は救助されて軽傷。約4・5キロ上流にある県管理の加治川治水ダムが、羽越水害50年の記念行事にともなって放流量を増やしたのが原因だった。県が18日、発表した。

 県河川管理課によると、17日午後2時ごろから45分間、放流量を一時的に減らして行事の参加者に放流の様子を近くで見せる「観光放流」をした。その後、高まった貯水池の水位を下げるため放流量を通常の2倍以上に増やしたが、下流への事前連絡やサイレン警告などはしなかった。

 男児は流された直後に公園職員らが浮輪を投げるなどして救出され、母親は100メートル流されて自力で川岸にたどり着いた。男児はひざにすり傷を負い、母親は低体温症と診断された。通常30〜40センチの現場の水深は、事故時は85センチほどあったという。同課は「観光放流は今回が初めてだった。下流に伝えるべきだった」と話す。(岩波精)


下手したら、最悪死者が出てたでしょう・・・。

事前に連絡しないとか、どういう頭しているんだ、現場は。

本当に軽傷とかで済んだのが、幸いですね。

最近、暑い日が多いでしょうし、そんな放水するのを知らなければ水遊びとかする人はいるであろうとか、考える事ができない大人がいるのは怖いですねぇ。

水害から50年の記念行事で、あわや死人出す所だった事をもっと真剣に反省して欲しいものです。
2017年06月19日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます