発車直後に非常ボタン 男性2人「降りたい」 札幌地下鉄|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

発車直後に非常ボタン 男性2人「降りたい」 札幌地下鉄

日記 
 
22日午前8時半ごろ、札幌市中央区の市営地下鉄東西線大通駅構内で、発車直後の新さっぽろ駅発宮の沢駅行きの電車(7両編成)が緊急停止し、停車中に車内の非常通報装置が作動した。通報した男性が「降りたい」と話したため、運転士がドアを開けたところ、男性2人が降り、そのまま立ち去った。このトラブルで、20本の電車に最大13分の遅れが出た。

 市交通局によると、運転席のモニターでドアが開いていると表示されたため、電車は約1メートル進んで緊急停車した。その直後に非常通報ボタンが押され、駆けつけた運転士が急病人の疑いがあるとみて、ドアを手動で開けた。電車を降りて立ち去った男性2人はいずれも50代とみられるという。

 市交通局は「非常通報装置の不要な使用は絶対にやめてほしい」と話している。


50代にもなって、そんな大迷惑な行為をするとか・・・。

非常通報ボタンなんて、そんな気軽に押せるものではないだろうに。

降りたいと言った男性は、何が理由だったのだろうか? せめて、それを聞いてからドアを開けるべきだったのでは?

自分で立ち去るとか、そこまでどこか悪いとも思えないだけに、しょうもない理由な気がします・・・。

こういうのって罪にならないんですかね? 他の電車にも遅れを生じさせているんだから、損害賠償ものだと思うんですが。

こういう事を真似する様な馬鹿が出て来ないと良いけども・・・。
2017年05月23日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます