市役所内に刃物の刺さった職員の遺体 自殺か|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

市役所内に刃物の刺さった職員の遺体 自殺か

日記 
 
10日朝、大阪府八尾市役所の非常階段で50代の男性職員が胸に刃物が刺さった状態で死亡しているのが見つかりました。現場からは遺書が見つかっていて、自殺とみられています。

 午前8時すぎ、八尾市役所で「50代くらいの男性が胸を刃物で刺されて倒れている」と市の職員から警察に通報がありました。警察と消防によりますと、市役所の西館にある非常階段の踊り場で男性が胸に刃物が刺さった状態で倒れていて、その場で死亡が確認されました。

 死亡したのは八尾市の住宅管理課に勤務する50代の男性職員で、現場からは遺書が見つかっていて、警察は自殺の可能性が高いとみて調べています。市役所周辺は一時騒然としましたが、市役所の業務に大きな影響はなかったということです。


何も職場で自殺しないでも・・・。

そして、業務に影響なかったって、死人に鞭打つ様な文は必要だったのか・・・。

まぁ、遺書が見つかっているみたいですが、まだ事件の可能性もあるでしょうから、しっかり両方の線で調べてほしいですね。

しかし、遺書を残して市役所で自殺・・・、相当職場に問題あったのかと思ってしまいますが、果たして。
2016年11月15日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます