博多駅前 道路30メートル陥没 70代女性が転倒し、けが|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

博多駅前 道路30メートル陥没 70代女性が転倒し、けが

日記 
8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区博多駅前2丁目の市営地下鉄七隈線延伸工事現場で、地上を通っている市道(はかた駅前通り)が陥没した。午後1時現在、縦横約30メートル、深さ約15メートルと確認されている。道路5車線が全面通行止め。博多駅周辺では停電や断水が相次ぎ、ガスの供給も止まった。福岡市は現場近くのビル10棟に避難勧告を出し、避難所を設け、福岡県は災害警戒本部を設置した。福岡市交通局は掘削工事中のトンネル内に土砂が流れ込み、地上部の道路が陥没したとみて、事故原因を調べている。停電に伴い、近隣のビルで70代女性が転倒し、けがをした。

 市交通局によると、工事は地下25メートルで実施し、高さ4〜5メートル、幅9メートルのトンネルを掘っていた。午前5時ごろ、掘削現場に大量の水が流れ込んだため避難し、作業員が110番した。当初は路上の両端に穴が2カ所開いていたが、徐々に広がり、道路全体が陥没。下水道管が損傷し、大量の水が流れ込んで、陥没箇所にたまっている。記者会見した交通局は「原因究明と対策を進める。復旧や延伸工事への影響は分からない」と説明している。

 陥没を受け、県警博多署は一時、博多駅前から東西約350メートル、南北150メートルで全面通行止めの規制を行い、100人以上の市民が近くの公園に避難した。

 九州電力によると事故当時、博多駅周辺や福岡空港国際線ターミナルなどで約800戸が停電したが、復旧は進んでいる。

 ふくおかフィナンシャルグループや西日本シティ銀行では現金自動預払機(ATM)が停止。JR博多駅近くの商業施設の一部では休業を余儀なくされた。

 共同企業体(JV)として工事を請け負う大成建設(東京)は「弊社の工事に起因しているかを含め、関係各所と協力して原因を調査している」と述べた。

 市営地下鉄の延伸工事を巡っては2014年にも道路の陥没が起きた。


報道で見たら、凄い事に・・・。

ああいうのって、海外のニュースで見た事あったけども・・・、日本でも起こるんですね、当たり前なんでしょうが・・・。

これだけの規模が陥没して、けが人がひとりってのは時間帯が早かったってのもあるんでしょうが、奇跡的なものがありますね。

ピーク時に、陥没してたらどれだけの被害が出てたかと思うと・・・、不幸中の幸いですね。

今後もこの陥没が広がっていく可能性もあるでしょうから、しばらくは警戒が必要でしょうね。

周囲の人らは、気が気じゃないでしょうね、足元がなくなるとか・・・怖い・・・。
2016年11月08日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます