堺男児不明 父親「峠から投げ捨てた」と男児の遺棄認める供述 大阪府警、捜索へ|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

堺男児不明 父親「峠から投げ捨てた」と男児の遺棄認める供述 大阪府警、捜索へ

日記 
堺市北区に住民票がある梶本樹李(たつき)ちゃん(4)が約3年前から所在不明となり、児童手当をだまし取ったとして両親が逮捕された事件で、父親の鉄筋工、梶本卓容疑者(35)が「(樹李ちゃんを)峠から投げ捨てた」と供述していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警は同日中にも供述に基づき、死体遺棄容疑で大阪府南東部と奈良県の境にある峠付近を捜索する方針。

 捜査関係者によると、卓容疑者は樹李ちゃんについて「今年5月ごろ、峠の道路脇から投げ捨てた」と供述。逮捕当初は「海に捨てた」と供述していたが、その後「今まで嘘をついていた」と説明を一転させた。樹李ちゃんが死亡した経緯については「階段から落ちて死んだ」などと曖昧な供述をしているという。

 一方、母親の無職、千穂容疑者(32)は逮捕当初から「昨年のクリスマスの少し前、夫(卓容疑者)がどこかへ連れて行ったまま分からない」と供述している。府警は捜索の結果と、千穂容疑者の供述も踏まえて卓容疑者の供述の裏付けを進める。

 樹李ちゃんは、当時1歳11カ月だった平成25年12月、入所していた施設から、同府松原市内に住んでいた両容疑者に引き取られ、その後、所在確認ができなくなった。

 両容疑者は昨年12月末に堺市北区に転居。樹李ちゃんが定期健診を受けておらず、家庭訪問しても姿を確認できないことから、同区役所の職員が今年5月、「樹李ちゃんと面会できない」と府警に相談し、事件が発覚した。

 両容疑者は同府富田林市で24年4月、住民登録上は当時9歳でありながら生後間もなく所在不明となったことが発覚した男児の叔父と叔母。両容疑者らは当時「河川敷に遺体を埋めた」と供述し、府警が富田林市内の河川敷を捜索したが遺体は見つからず、立件を断念していた。


まぁ、正直行方不明って事で、年齢的にも無事だとは内心思ってはみませんでしたが・・・、この事実はやはりきついですね。

児童手当の金額を調べてみたら、0歳〜3歳未満で月15000円だそうで。

確かに年間では馬鹿にならない金額でしょうが、かと言って子供を捨ててまでだまし取る程の金額ですかね。

子が欲しい家庭には産まれず、子が疎ましい家庭に産まれる・・・、何と皮肉な・・・。

せめて遺体は見つかってほしいですね、どこかにあるままでは・・・。
2016年11月04日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます