47歳男に無期懲役=小5女児殺害―福岡地裁支部|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

47歳男に無期懲役=小5女児殺害―福岡地裁支部

日記 
福岡県豊前市で昨年1月、小学5年の女児=当時(10)=が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪に問われた内間利幸被告(47)の裁判員裁判の判決が3日、福岡地裁小倉支部であり、柴田寿宏裁判長は無期懲役(求刑死刑)を言い渡した。

 検察側は論告で、内間被告が顔見知りの女児をわいせつ目的で連れ去った後、口封じのため首を絞めて殺害したと指摘。弁護側は死体遺棄罪を認める一方、女児を静かにさせようとして首を押さえただけで、殺意はなく殺人罪は成立しないと訴えていた。

 起訴状によると、内間被告は昨年1月31日、豊前市内の知人宅で、女児の首を手で強く圧迫し、窒息させて殺害。遺体をバッグに押し込め、車で同市内の自宅に運んで隠したとされる。 


軽い、納得いかないですねぇ・・・。

毎回思うけども、仕事だと言えども、こんなクズを弁護する弁護士は必要あるのか。

被害者ではなく加害者を守るばかりで・・・、納得いかない・・・。
2016年10月03日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます