看護師がインスリン過剰投与=10倍量、80代女性死亡―長崎|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

看護師がインスリン過剰投与=10倍量、80代女性死亡―長崎

日記 
 
国立病院機構長崎川棚医療センター(長崎県川棚町)は23日、20代の看護師が誤って、糖尿病の80代女性に本来投与すべき量の10倍のインスリンを投与し、女性が死亡する医療事故があったと発表した。

 同センターによると、女性は感染症や糖尿病のため8月8日に入院。31日午前0時半に大量のインスリンが投与され、同日午前9時ごろ心肺停止状態で発見され、死亡が確認された。

 看護師は専用の注射器を使用せず、投与前の複数人での確認も怠った上、女性の血糖値を測らずに架空の数値を2回にわたりカルテに記載していた。看護師は「初めてやると知られたくなかった。1人でもできると思った」と話しているという。

 宮下光世院長は「大変遺憾で心からおわびする。調査を進め再発防止に努めたい」と話した。 


そんなつまらない見栄のせいで、人が死んでしまったのでしょうに。

それに嘘の数値を書くとか、そもそも看護師としての資質に疑問が残りますよ。

もしや先輩とかが怖くて質問もできなかったんですかね? 叱られると思ってとか・・・。
2016年09月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます