ファストフード店のトイレに遺体、気付かれないまま数日放置 豪|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

ファストフード店のトイレに遺体、気付かれないまま数日放置 豪

日記 
オーストラリアのファストフード店で、トイレ内に遺体が最大3日間にわたって発見されないまま放置されていたことが明らかになり、警察が捜査を進めている。同国のメディアが報じた。

 地元メディアによると、遺体は18日朝、西部パース(Perth)郊外にあるハングリージャックス(Hungry Jack)の店舗で発見された。遺体の男性は、15日のいずれかの時間に入店したとみられている。この店舗は16日に24時間営業を実施していたが、17日は午後10時に閉店したという。

 警察は「この死に疑わしいところはない」としているが、オーストラリア放送協会(ABC)によると、男性の死亡時刻を特定するための捜査が続けられている。遺体が発見されたのはトイレの個室内だったという。


トイレ内で最大3日間も?

毎日、掃除や点検とかしないんですかね? 向こうって。

汚そうだなぁ・・・、食べ物を扱う店なのに。

しかし、突然の心臓発作的なもので亡くなったのか分かりませんが、ちょっと嫌ですよねぇ、トイレってのは・・・。
2016年07月27日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます