会津若松市議の妻逮捕 生活保護費634万円を不正受給疑い|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

会津若松市議の妻逮捕 生活保護費634万円を不正受給疑い

日記 
生活保護費を不正受給したとして、会津若松署は12日午前9時50分ごろ、詐欺の疑いで、会津若松市、フィリピン国籍、自称ホステスの容疑者(45)を逮捕した。容疑者は会津若松市議(55)の妻。同署によると、容疑者は容疑を認めているという。

 市議は福島民友新聞社の取材に対し、自身が生活保護の申請を手伝ったとした上で「妻が働いているとは知らず源泉徴収票を見て驚いた。私が不正受給に関わったとの誤解が生じているので公人としてきちんと釈明したい」としている。

 逮捕容疑は、会津若松市から生活保護を受給していた2011(平成23)年9月から14年2月までの間、飲食店で働いていたが、収入がないように装って市に生活保護費の給付を申請し、生活保護費約634万円をだまし取った疑い。

 同署などによると、市が14年6月、容疑者の勤務先から源泉徴収票などの提出を受けて不正受給の疑いがあることが判明し、同署に詐欺の疑いで告訴した。容疑者は10年12月から14年9月まで生活保護費を受給していた。同署は同日、市議から容疑者の生活保護申請の経緯など事情を聴いた。


市議の妻がフィリピン人でも何人でもいいですけども、何故実名を出さない。

妻が働いていることを知らない夫って何なんですかね?

そもそも申請になぜ通るんだろうか・・・。

これで市議は、もう続けられないでしょうね、それとも実名じゃないからしぶとく続ける気なんですかね?

妻の事も知らないのに市議など無理でしょう、できるのは詐欺だけ。
2016年07月13日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます