カナダ、2017年にマリフアナ合法化 保健相が表明|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

カナダ、2017年にマリフアナ合法化 保健相が表明

日記 
カナダのジェーン・フィルポット(Jane Philpott)保健相は20日、世界の薬物問題に関する国連(UN)の特別会合で、同国が2017年春にマリフアナ(乾燥大麻)を合法化する新法を導入する予定だと表明した。

 AFPが入手した発表声明文の写しによると、フィルポット保健相はマリフアナ合法化が「多くの国では現状に対する挑戦となる一方で、わが国では若者を保護すると同時に公衆安全も高められる最善の方法となることを確信している」と述べた。

 またマリフアナを解禁する理由として、カナダや他国で現在施行されている禁止法は過剰に厳しく実効性も低いとの見方があることなどを挙げた。

 2014年の統計によれば、カナダでは国民約3500万人のうち約100万人がマリフアナの常用者で、ジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相も議員時代を含め計5〜6回マリフアナを使用したことを認めている。


随分思い切った気もしますけども、日本とは感覚が違うんでしょうね、マリファナに対する。

まぁ、よその国に対して日本にやめろだの言えないですし、別にいいんでしょうけども。

でも、身体には悪影響はないんですかね? 良く分からないんですが・・・。

国民3500万人ってのは、意外と少ないんですね、国土が大きい割には。
2016年04月21日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます