<ナスカ>新たな地上絵、空想上の動物か…山形大が発見|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

<ナスカ>新たな地上絵、空想上の動物か…山形大が発見

日記 
 山形大ナスカ研究所は19日、ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」で、空想上の動物が舌を出した姿の絵が見つかったと発表した。近くの神殿への巡礼路沿いにあり、「道しるべ」と考えられるという。

 横約30メートル、縦約10メートルで、紀元前400年〜同200年ごろのものと推定される。2004年からの調査でラクダ科の「リャマ」や「ハチドリ」を確認しているが、足らしき突起が8本ある今回のような生物は初めて。

 地上絵は宅地開発の進む市街地でも発見されることが多いが、今回はそれとは別に坂井正人教授(文化人類学)らがナスカ市郊外で土器の調査中に偶然見つけた。これぞ、未知なる生物のお導き?


最近、地震の記事ばかりなので、今回は関係ないものを…。

しかし、これが本当ならば発見ですが、どーなんですかね?

空想上の生物となると、もう何でも無理やり形をこじつけられてしまう所はありますし、判断が難しいですよね。

そもそも山形の方に、そんなナスカ研究所なんてあるんですね、初めて知りました(汗)
2016年04月20日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます