国交省職員の親族6人が2年半で死亡? 虚偽の申請で忌引を取得|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

国交省職員の親族6人が2年半で死亡? 虚偽の申請で忌引を取得

日記 
2年半で親族計6人が死亡したと虚偽の申請をして忌引を取得したとして、国土交通省は25日、航空局に所属する30代の男性職員を減給3カ月の懲戒処分にした。男性職員は「体調を崩したので休みたかった」と認めているという。

 国交省航空局によると、男性職員は平成25年4月〜27年10月、親族計6人が死亡したとして、6回にわたり計8日間の忌引を取得した。祖母1人と叔父3人、叔母2人が死亡したと申請していたが、実際には存命だった。

 27年11月に職員の家族から休暇に関する問い合わせが職場にあり発覚。本人に確認したところ、虚偽申請を認めた。「体調を崩したため」と理由を説明したが、有給休暇は残っていたという。


こういう手段で休んだのはまずいですが、もしかしたら有給を使いたくても出来なかったのかもしれませんね。

その真意がはっきりしないだけに何とも言えませんが・・・。

しかし、短期間に親族を殺し過ぎましたかね?(汗)
2016年03月26日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます