「吐き気で授業抜けるのか」白血病の中2生徒に教諭暴言 神奈川・藤沢市立中|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

「吐き気で授業抜けるのか」白血病の中2生徒に教諭暴言 神奈川・藤沢市立中

日記 
神奈川県藤沢市立中学校で昨年4月、授業中に「気分が悪くなった」と訴えた白血病で投薬治療中の2年生の男子生徒に対し、英語の男性教諭が「吐き気ぐらいで大事な授業を抜けるのか」と応じ、保健室へ行くことを許可しなかったことが24日、市教育委員会への取材で分かった。生徒はその後ショックで約2週間欠席。現在は登校しているが、教諭の授業は受けていないという。

 市教委によると、生徒は授業中に「保健室に行きたい」と申し出たが、教諭は「我慢できないか。後にしなさい」などと返答。生徒は机に伏せるようにして授業を受け続けたという。

 生徒は中学入学直前の平成26年3月に白血病と診断され、抗がん剤治療などを受けて昨年2月に退院。投薬治療を受けながら通学していたが、体調がすぐれない日もあり、配慮が必要なことは学校内で共有されていた。

 教諭は「生徒と白血病とが頭の中ですぐに結びつかなかった」と説明しているという。

 市教委の吉田早苗教育長は「認識の甘さがあり、配慮に欠ける対応で生徒につらい思いをさせ申し訳ない」と、対応の誤りを認めた。


まぁ、白血病じゃなくても具合が悪いと訴えている生徒にする態度ではないかな。

しかし、教諭のコメントも言い訳くさいですね。

結びつかずとも、言っていい事と悪い事があるだろうに。

吐き気あったら、まともに授業なんて頭に入らないでしょうね・・・。
2016年03月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます