大丸心斎橋店から女子高生飛び降り自殺「アーケードに人が落ちてきた」現場は一時騒然|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

大丸心斎橋店から女子高生飛び降り自殺「アーケードに人が落ちてきた」現場は一時騒然

日記 
大阪市中央区心斎橋筋1丁目の心斎橋筋商店街で8日、府内在住の女子高校生が飛び降り自殺した。現場は大阪の中心を南北に走る人通りの多い商店街で、女子高生は天井を覆う半透明の屋根に転落。通行人らにけがはなかったが、おびただしい出血は路上からも目視でき、現場は一時騒然とした。

 多くの学校で新学期がスタートしたこの日、女子高生が、大阪の中心街で身を投げた。大阪府警南署によると、女子高校生は午前11時40分過ぎ、商店街に隣接する大丸心斎橋店の北館屋上から転落。商店街を通行していた男性が「アーケードに人が落ちてきた」と110番通報した。駆けつけた消防や警察がその場で死亡を確認。所持品から、府内の高校に通う女子高校生と分かった。

 現場は大阪のメインストリートである御堂筋に平行する商店街。平日は平均10〜12万人の往来があり、近年は中国、韓国などからの観光客でにぎわう。大丸心斎橋店の北館は14階建てで、高さ約80メートル。屋上は一般客も自由に入場できる庭園になっているが、同店によると、高さ2メートル70センチの鉄柵が四方に設けられており、飛び降りるためには柵を越える必要があるという。

 南署によると、屋上には女子高生のものとみられるリュックサックが残されており、中から遺書のような手書きのメモが見つかった。遺体発見直後には「病気の悩みについて書かれていた」との報道が出回ったが、同署は「早とちりである」と否定。何らかの悩みについて記されていたとみられるが、同署は「遺書の中身は発表しない」とした。女子高生はスカートなど、黒色の制服姿だった。

 商店街によると、天井はガラスの250倍以上の強度があるとされるポリカーボネートで作られており、火災時の避難などのために設けられた鉄製の通路や柵が、その上部を覆っていた。商店街は数時間封鎖されたが、真下にある飲食店のアルバイト店員(21)は血を流す遺体を目撃。「店の奥で仕事をしていたらドーンというすごい音がして、隕石(いんせき)が落ちてきたかと思った。店の前に出たらみんなが上を見上げて『人や、人や』と。あおむけで両手が広がり、血が飛び散っていた」とショックを隠せなかった。


生々しいですね・・・。

色々悩みがあったのでしょうが、何もこんな最期を選ばなくても・・・。

最悪、誰かを巻き込む可能性もあったかもしれませんが、それがなかったのはせめてもの救いですね。

しかし、ここに居合わせた人にはショックでしょうね・・・。

そういう人たちのケアもしてあげて欲しいですね。
2016年01月09日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます