手賀川の転落殺害 勤務先社長、動揺隠せず…「悪ふざけ過ぎたか」|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

手賀川の転落殺害 勤務先社長、動揺隠せず…「悪ふざけ過ぎたか」

日記 
佐藤龍太さんと、殺人容疑で逮捕された小島庸平容疑者、少年の3人は千葉県我孫子市内の建築会社の同僚で、渡辺真純容疑者も元同僚だった。同社社長の男性と妻は5日、「報道で知りびっくりした」とショックを受けた様子で話した。

 佐藤さんと小島容疑者について男性は「トラブルを聞いたことはない」と話した。昨年12月の職場の忘年会には2人とも出席。男性の妻は「みんな和気藹々(わきあいあい)とした感じで、異変はなかった」と振り返る。

 捜査関係者によると、佐藤さんは昨年夏ごろ、小島容疑者の自宅に居候をしていた。小島容疑者は、佐藤さんとの金銭トラブルがこの時期に生じたと話しているという。

 男性によると、佐藤さんは同社で勤務し1年程度が経過。月に7〜10日程度出勤し、「しっかりやっていた」という。妻は「やんちゃな外見で無愛想なところもある今時の若い子だった」と話した。

 小島容疑者は1年半ほど勤務。男性は「お金が事件の原因になったかのような報道も見たが、悪ふざけが過ぎてしまったのではないか…」とつぶやいた。


社長がこんな感覚では・・・。

月に7〜10日の出勤でしっかりやっていたって、どんな基準なんだ?

余程、ハードルが低いのか・・・。

社長がそんな感覚だからこその事件なんでしょうね、上もダメなら下もダメになる典型かな。

起こるべくして起こった事件なのかと思ってしまいますね。
2016年01月06日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます