澤穂希が引退を発表 W杯6回連続出場、精神的支柱としてけん引|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

澤穂希が引退を発表 W杯6回連続出場、精神的支柱としてけん引

日記 
サッカー女子日本代表なでしこジャパンの中心選手として活躍した澤穂希(37)=INAC神戸=が16日、今シーズン限りでの現役引退を発表した。代理人事務所が明らかにした。

 代理人事務所は「この度、澤穂希選手が、今シーズンをもちまして現役を引退することになり、ここにご報告申し上げます」と各メディアに伝えた。17日に、都内で現役引退会見を行う。

 小学生の時、東京・府中市の「府ロクサッカークラブ」でサッカーを始めた澤は中学進学と同時に女子サッカーの名門・読売クラブ(現日テレ)に入団。15歳で日本代表に初選出されると、それ以後、日本代表の中心選手として活躍を続けた。

 W杯には初出場の95年から99年、03年、07年、11年、15年と6回連続出場。中でも11年ドイツ大会では主将、得点源、そして精神的支柱として大車輪の活躍をし、最優秀選手と得点王(5得点)に輝いた。さらに、同年度のFIFA(国際サッカー連盟)女子最優秀選手賞を獲得した。

 五輪には4大会に出場し、12年のロンドン五輪で銀メダルを獲得した。国際Aマッチでは通算205試合83得点。

 今年はプライベートでも大きな節目を迎えた。8月8日に、J1仙台スタッフ辻上裕章さんと結婚。「これからもお互いを思いやり、支え合いながら二人で明るい家庭を築いていきたい」と語っていた。


いよいよ来るべき時が来たかという感じでしょうか。

てっきり五輪まではやるのかと思ってたので、残念な気持ちでもありますが、ご自身の決断ですしね。

まずは、長い現役生活お疲れ様でした。

今後は、どういう活動をされるのかは分かりませんが、以前インタビューだかで指導者は向いてないみたいな事を言っておられたけども、いずれは監督とかで見たい気はしますね。

しかし、そうなると女子サッカーも正念場ですかね。

この人の穴を埋めれる存在はまだいないでしょうし、若い良い選手が出てきてほしいものですね。
2015年12月16日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます