「トイレ貸して」連続窃盗、13歳男子中学生2人を補導 大阪府警|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

「トイレ貸して」連続窃盗、13歳男子中学生2人を補導 大阪府警

日記 
 
大阪市鶴見区で少年2人がトイレを借りる口実で高齢者の自宅に上がり込み、現金を繰り返し盗んでいた事件で、大阪府警鶴見署は24日、窃盗の非行事実で、いずれも府内に住む13歳の男子中学生2人を補導した。同署によると、2人は「ゲームソフトやフィギュアを買うお金が欲しくて、2人で相談してやった」と認めているという。

 2人は10月中旬から11月17日、大阪市鶴見区内の60〜80代の男女6人の自宅に「トイレを貸してほしい」などと言って上がり込み、1人がトイレに入っている間に、別の1人が住民に隠れて室内を物色する手口で現金計約13万円を盗んだという。

 同署は当初、目撃証言などから2人が小学5、6年生の可能性もあるとして注意を呼びかけていた。


以前の記事では、小学生って事でしたが、中学生でしたか。
しかし、相談してやっていた何て完全に確信犯でしょうし、悪質極まりない。

親もそんなフィギュアとかゲームとか増えてたら、おかしいとか思わなかったのかな?

そんな変化に気づかない親、環境だったのかな。

・・・もう子供だからって親切にできない時代になったのかと思うと、寂しい限りですね。

こんな犯行を何回も繰り返していた様な馬鹿共が補導程度でどうにかなるとは思えないけどね。
もっと厳しくできないのかなと思ってしまいますね、ここで甘やかすとまたやると思うが・・・。

自分がこの年齢だったら、仮に13万円とか盗んだら怖くて仕方ないと思うんだけどねぇ。
そのお金で欲しい物を買うとか・・・、罪の意識を感じないのは恐ろしい事です。
2015年11月25日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます