米国在住の男に逮捕状 千葉の寺社に油をまいた疑い 奈良などの被害にも関与か|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

米国在住の男に逮捕状 千葉の寺社に油をまいた疑い 奈良などの被害にも関与か

日記 
千葉県香取市の香取神宮で3月、油のような液体がまかれた事件で、米ニューヨーク在住の50代の医師の男が関与した疑いが強まったとして、同県警が建造物損壊容疑で逮捕状を取ったことが1日、捜査関係者への取材で分かった。同県の寺社に設置された防犯カメラに写っていた男と似た姿の男が奈良、茨城両県など各地の防犯カメラにも写っていたといい、両県警などと千葉県警が情報を共有して男の行方を追っている。

 捜査関係者らによると、男はキリスト教系団体を平成25年に設立。関東や関西の各都市で講演するなどして信者を増やしているという。フィリピンのマニラなど国外でも布教活動を行っている。捜査当局では、寺社の油まきは宗教的儀式の一部として行われていたほか、男の指示で別の信者が油まきをしていた可能性もあるとみて調べている。

 香取神宮で被害を発見した男性職員によると、油からは甘いアロマオイルのような匂いがしたという。茨城県警科学捜査研究所の鑑定で、植物油のようなものだったと判明している。

 千葉県内では3月下旬、成田山新勝寺(成田市)と香取神宮で被害が発覚。香取神宮では国の重要文化財に指定されている楼門の柱に、油のような直径5センチほどのシミがあった。このほか、さい銭箱近くにも同様の多数のシミが点々と残されていた。

 防犯カメラに、油をまく様子が写っていた男はフード付きの上着を着て首からカメラを下げていた。以降、似たような姿の男が、茨城県の鹿島神宮(鹿島市)や奈良県の複数の寺社のカメラにも写っていたとして、建造物損壊や文化財保護法違反容疑で、各県警が捜査を進めている。

 一連の事件をめぐっては、2月に世界遺産である京都府の二条城(京都市)で油によるとみられるシミが見つかったのを皮切りに、全国各地で被害が相次いでいる。


団体立ち上げ、信者を増やす、布教活動・・・。

これらの単語を聞くだけで、随分胡散臭い存在に感じるのは私だけでしょうか?

何人だか知りませんが、自分の勝手な宗教感で価値ある建築物などを汚すのは迷惑な話ですよ。

信者にも行わせていたのだとしたら、納得ですね。

個人で行うには規模も範囲も広かったですからね。

コソコソしてやっている時点で、悪い事だと罰せられる事と分かっているのが分かりますね、悪質ですよ。

早く本名などが報じられると良いですね。
2015年06月01日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます