口永良部島で爆発的噴火=火砕流発生、住民避難へ―1人やけど・鹿児島|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

口永良部島で爆発的噴火=火砕流発生、住民避難へ―1人やけど・鹿児島

日記 
気象庁は29日、鹿児島県・口永良部島の新岳で同日午前9時59分に爆発的噴火が発生し、火砕流が海岸に達したと発表した。同庁は噴火警報を出し、噴火警戒レベルを3(入山規制)から5(避難)に引き上げた。口永良部島がある同県屋久島町は午前10時20分、島の82世帯137人に島外への避難を指示した。

 鹿児島県などによると、70代の男性が火山灰でやけどをしたほか、病気の高齢者がおり、計3人をヘリコプターで屋久島に運んだ。海上保安庁によると、120人が島内の番屋ケ峰にある避難所に逃れており、島の北側の集落に8人が残っている。

 安倍晋三首相は同日午前、「全ての力を総動員して島民の安全確保に全力を挙げる」と述べた。
 気象庁によると、噴煙は新岳の火口上空9000メートルに達した。火口周辺には噴石が飛散しており、火口から南東約10キロまでの範囲では小さな噴石が風に流されて降る恐れがある。多量の火山灰が火口から南東の屋久島方向へ流されている。火砕流は新岳の南西から北西側の海岸に達した。

 同庁の北川貞之火山課長は記者会見し、「今後も同規模の噴火が発生する恐れがあり、火砕流や噴石に厳重に警戒してほしい」と呼び掛けた。噴火警戒レベルが導入されて以降、5が出たのは初めて。

 鹿児島県は自衛隊に災害派遣を要請した。県はヘリコプターを飛ばすなどして、情報収集を続けた。海上保安庁の測量船が口永良部島沖に到着し、住民避難に向け港の状況を確認している。住民は屋久島の公民館などに避難する予定。
 新岳は昨年8月、1980年以来、34年ぶりとなる噴火が確認され、警戒レベルが1から3に引き上げられていた。


噴火したとニュースを見て、驚きました。

かなりの規模みたいですし、住人の方々も心配でしょうね。

しかし、私はここがそんな状況にあったのを今回の噴火で初めて知ったんですけども、結構報道されていたのかな?

別な場所の事は結構取り上げられていたけど・・・。

このニュースで火山灰でやけどするんだって初めて知りましたね。

確かに直後のは熱くて当然でしょうし、何ら不思議ではないんでしょうが、どうしても地面に冷めて積もっているイメージしかなかったので、ハッとさせられました。

自然が相手なだけに、今後どうなるのかは分かりませんが、できるだけ早く住人の方々が元の生活に戻れれば良いなと思います。
2015年05月29日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます