ライターであぶる、全裸に落書き、肛門に竹串…大商大日本拳法部で暴行|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

ライターであぶる、全裸に落書き、肛門に竹串…大商大日本拳法部で暴行

日記 
合宿中、当時1年生の男子部員(19)を全裸にして全身に落書きし、肛門に竹串を刺したり、集団で暴行を加えたとして、大阪府警捜査1課は10日、強要や傷害の疑いなどで、大阪商業大(東大阪市)日本拳法部の元主将・矢田秀人容疑者(21)=大阪市浪速区=ら3人を逮捕した。矢田容疑者は「日頃から生意気なのでやった」と容疑を認めている。暴行は3月6〜8日にわたり行われ、3人は無期停学処分を受けている。

 3月4〜8日に大学内の施設で行われた名門日本拳法部の合宿中に、壮絶な集団リンチが行われていた。

 府警捜査1課は10日、強要や傷害などの疑いで矢田容疑者ら2人を、傷害と暴力行為法違反の疑いで元部員の井上直也容疑者(20)=奈良県大和高田市=を逮捕した。

 大阪府警によると、19歳部員が最初に暴行を受けたのは6日。午後7時ごろから約2時間、浴室で矢田容疑者らに首を絞められ、水を張った浴槽に顔を押しつけられるなどの暴行を受けた。

 翌7日に行われた暴行はエスカレートした。午後10時ごろ、矢田容疑者ら3人のほかに4人の部員が「合宿の打ち上げ」と称し、ウイスキーなどアルコールを飲んでいた。呼び出された19歳部員は、部員らに頭突きをされ、殴られた。矢田容疑者らは酒の一気飲みや全裸になることを強要、全身に落書きし、背中をライターであぶった。

 さらに、肛門に竹串を刺し、19歳部員の陰茎を他の部員に押しつけるなどした。笑いながら見ていたり、携帯電話で写真を撮る部員もいたという。暴行は6時間後の8日午前4時ごろまで続いた。

 3月10日に、19歳部員は父とともに近くの警察署に被害届を出し、発覚。部員は目の付近に全治1週間の打撲、眼球にもけがを負った。

 捜査1課によると、矢田容疑者は「日ごろから生意気で、下の者に示しがつかないと思った」と容疑を認めている。井上容疑者は「ライターであぶったことは覚えていない」と一部否認している。別の21歳と19歳の部員についても任意で捜査している。

 大商大は4月1日付で、矢田容疑者ら3人を無期停学、1人を停学3か月、3人を訓告の処分に、同部を無期限の活動停止処分とした。7人は、現在も大学に在籍している。しかし、大学はこの日の3人の逮捕を受け「誠に遺憾。再発防止に取り組む」とコメント。11日に「対策本部」を立ち上げ、当該部員らの処分などについて改めて検討するという。

 大学によると、同部は1951年に創部し、昨年の全日本学生選手権の男子団体で準優勝した強豪。かつて優勝したこともあるという。


最初、ただ暴行ってだけ聞いて、拳法部だから殴る蹴るの暴行だと思ってたけども、これは・・・。

もうめちゃくちゃですね、ここまでやるとか、もはや人ではないな・・・。

コメントを見ても、行った行為の反省の色は殆どなさそうですね。

しかし、学校側の対応も相変わらず甘い・・・。

他の問題のない人らには、可哀想かもしれませんが、廃部や容疑者を退学処分をするべきではないだろうか。
2015年05月11日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます