筆談ホステス斉藤さんトップ当選=「バリアフリー目指す」―東京・北区議選【統一選】|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

筆談ホステス斉藤さんトップ当選=「バリアフリー目指す」―東京・北区議選【統一選】

日記 
聴覚障害を抱えながら東京・銀座のホステスを務め、「筆談ホステス」として知られる斉藤里恵さん(31)=日本を元気にする会公認=が、26日投開票の東京都北区議選でトップ当選を果たした。27日未明、報道陣の取材に応じ、タブレット端末を使って「バリアフリー社会の実現を目指す」と決意を示した。
 病気が原因で1歳の時に聴力を失った斉藤さんは2007〜12年のホステス時代、筆談などで接客。自叙伝「筆談ホステス」が話題になり、テレビドラマ化された。区民の子育て・仕事の両立への支援強化や高齢者に優しい街づくりも掲げ、2位以下を大きく引き離す6630票を獲得した。
 斉藤さんは区議会に、自身が議会で質問する際の音声読み上げソフトの活用や、区長らによる答弁の字幕での表示を求めていく考えだ。 


当選してしまったのか・・・、うーん。

正直、知名度だけで当選した様なものでしょうね。

「筆談ホステス」って呼び方なかったら、斉藤里恵なんて名前だけじゃ、誰か分からない人が多いはず。

あんまり前職の事を悪く言うつもりじゃないけども、政治の世界だとそういう過去を洗いざらい調べられる事もあるはずなだけに、大丈夫なのかな?

まぁ、もう当選してしまったのは仕方ないけども、後で結局あの人は何だったんだ?と言われない様に頑張って欲しいですね。
2015年04月27日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます