高校教諭が学校敷地に子猫4匹生き埋め 生徒に穴掘らせ…千葉・船橋|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

高校教諭が学校敷地に子猫4匹生き埋め 生徒に穴掘らせ…千葉・船橋

日記 
千葉県船橋市の県立高校の30代の男性教諭が、生まれたばかりとみられる子猫5匹を学校の敷地内で見つけ、少なくとも4匹は生きたまま埋めていたことが23日、県警などへの取材で分かった。同校の聞き取りに「混乱していてどうすればいいか分からなかった」と話しているといい、県警船橋東署が動物愛護法違反容疑での立件も視野に調べを進めている。

 同校によると、6日午前、男性教諭は学校の敷地内で子猫5匹を見つけた。担任のクラスの男子生徒に、生き埋めの目的は伏せたまま、放課後にスコップを持ってこさせたり、穴を掘らせたりした。その後、教諭が1人で子猫を生き埋めにしたという。

 9日に保護者からの連絡で発覚。10日にクラスの生徒に謝罪、期末テストが終わった20日に全校生徒を集めた臨時集会を行った。

 同署は17日、子猫1匹の死骸(しがい)を確認した。男性教諭は「とんでもないことをしてしまった」と反省しているという。


どういう事なの・・・。

いくら混乱してたからって、生き埋めは・・・。

他の教師などに相談するとかすればよかったのに、それも考えつかないでいきなり埋める発想をするってのが、どうにも気になるなぁ。

前もそんな事してたとかじゃないだろうけども、疑ってしまいますね。

男子生徒は知らされずに、猫を埋めるための穴を掘らされていたと知ったら・・・、結構ショックなんじゃないのかな。

こんな教師では、今後イジメや命に関しての事を言っても何も心に響かないとは思いますね。

勉強の成績だけでは、推し量れないものを改めて感じました・・・。
2015年03月23日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます