“筆談ホステス”の斉藤りえさん 政界進出挑戦を表明 |気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

“筆談ホステス”の斉藤りえさん 政界進出挑戦を表明 

日記 
 
“筆談ホステス”の斉藤りえさん(31)が25日、自身のブログで政界進出を目指すことを表明した。「北区政へ挑戦することを決意いたしました」とし、4月の統一地方選で東京都北区議会選挙に、「日本を元気にする会」公認候補として出馬するという。

 斉藤さんは生後間もなく聴力を失いながら、東京・銀座でNo・1ホステスに上り詰め、09年に出版した自叙伝「筆談ホステス」がベストセラーになり、ドラマ化もされた。青森生まれの斉藤さんだが、現在は北区在住。現在は4歳の娘を持つ母として、セミナー講師や執筆活動を行なっている。

 斉藤さんは「何故、聴覚障がい者、元ホステスが、政治家に?と驚かれる方が多いことと存じております。障がい者の方々が眠っている能力を開花でき、もっと活躍できるように、そのサポートがしたいとずっと考えておりました」とし、4年前にも声を掛けてくれた知人の議員から、再び声を掛けてもらい「私の志すものが政治で活かせるならば、地元北区のためにお役に立てるならと今度こそ、決意いたしました」という。

 「私自身は、聴覚障がい者であり、女性であり母親でもあります。主に『バリアフリー社会』『女性の社会進出』『少子化、育児』に対する政策に取り組みたいと考えております」と表明。議会活動についても、「しかし、これだけ技術などが進歩した現代において、“聞こえないこと”は必ず乗り越えられると思っております」と前向きだ。また、「受け入れる議会側に現在、聴覚障害者を前提とした仕組みはありませんので、その変革に最初はご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが、議会からまず本当の『障がい者へのバリアフリー』が起こること自体にも、大きな意義があるのではないでしょうか」と自身の存在で、バリアフリーへの改革を行いたいという意志を見せている。


あー、何年か前に結構取り上げられて、有名な事ありましたね、この人。

しかし、政界進出かぁ・・・、何か勘違いしちゃったのかな?

その気にさせた議員もどうかと思いますけどね、誰でも彼でも声かければいいってもんじゃないでしょうに。

正直、この人の功績で、何かが出来るとは思わないけどなぁ、単なるタレント枠として扱われて終わりだと思う。

障害を持たれても立派にセミナーとか執筆活動されているらしいし、それでいいんじゃないのかな。

2015年02月25日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます