山本太郎議員「生活」入党、党名は「生活の党と山本太郎となかまたち」|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

山本太郎議員「生活」入党、党名は「生活の党と山本太郎となかまたち」

日記 
生活の党関係者は26日、無所属の山本太郎参院議員(40)が入党したと明らかにした。同党は正式名称を「生活の党と山本太郎となかまたち」に変更し、政治資金法に基づく政治団体の届け出を総務省に行った。衆参両院議員が計5人となったため、先の衆院選で失った政党要件を満たすことになった。

 代表は引き続き、小沢一郎氏(72)が務める。関係者によると、来年早々の新党結成を目指しており、他の議員にも参加を働き掛ける。

 山本氏は26日付のブログに「一人でやれる事、やれない事、この1年半でよく理解しました。自由度の高い新党を結成することになった。圧倒的に活躍の場が広がるチャンスだ」などと記した。

 山本氏は、今回の衆院選で東京12区から出馬した生活の党・青木愛氏からの要請をうけて、応援演説に駆けつけていた。その理由を「(青木氏は)自民党の政策と対極にある人だから」と話していた。

 一方、2012年に「卒原発」を掲げる日本未来の党に所属していた小沢氏は、同年の衆院選に出馬した「脱原発」を訴える山本氏を応援。昨年7月の参院選では、東京選挙区から出馬した山本氏を、生活の党は勝手連として支援した。

 生活の党は衆院選で、わずか2議席にとどまり、谷亮子氏ら参院議員2人と合わせても国会議員が5人に届かず、全国を通じた得票率も2%を下回った。このため政党要件を失っていた。政党交付金の基準日は1月1日のため、年内に議員1人の確保を目指していた。


・・・冗談でしょ? 何このふざけた政党名は。

もう何でもアリですね、互いの利益が一致したか。

そこに国民のためなどという考えなど存在しないですね。

山本議員は、恐らく誰とも組んでも上手くいかないだろうな、一時の利益のために繋がった党は後で後悔するんじゃないの?
2014年12月27日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます