女性消防士にプロレス技、期限切れ温泉卵を口に…東京消防庁、パワハラ行為で懲戒処分|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

女性消防士にプロレス技、期限切れ温泉卵を口に…東京消防庁、パワハラ行為で懲戒処分

日記 
東京消防庁は20日、女性消防士に首を絞めるプロレス技をかけ、気絶寸前に追い込むなど後輩8人にパワハラを繰り返したとして、赤羽署の男性消防副士長(57)を停職6月の懲戒処分にした。副士長は同日付で依願退職した。

 同庁によると、副士長は平成21〜26年8月、赤羽署の20〜27歳の消防士ら8人に対し、跳び蹴りやプロレス技などの暴行のほか、賞味期限が切れた温泉卵を口に押し込んだり、おもちゃの拳銃で腹部や背中を撃ったりするなどの行為を計13回繰り返したという。

 今年8月に暴行を受けた女性消防士が上司に相談して発覚。同庁が調査を開始すると、副士長は男性消防士に、清涼飲料水を頭からかけて「何も言うなよ」と口止めしていたという。副士長は調査に「指導の一環のつもりだった」と話したという。

 同署の榎本暁署長は「職員による暴力行為は誠に遺憾で、信頼回復に向け、さらなる職員教育・指導の強化を図り、再発防止に努める」とコメントした。


こんな行為は、男性女性に関わらず、やっていい訳がありませんね。

指導の一環とかくだらない言い訳して・・・、無理があるだろうに。

どこの世界に温泉卵を押し込むのが指導なのか?

おもちゃの拳銃って、エアガンとかですかね? だとしたら、結構な威力だけど・・・。

しかし、女性にもってのが凄いですね、首絞めとかできる感覚が分からないな。

そしてお約束の甘い処分⇒依願退職というパターンか・・・。

やっている事を考えれば、退職金どころか逮捕ものだと思うけどね。
2014年11月21日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます