宿題しない児童に「ペンチで歯を抜く」 小学校教諭を戒告|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

宿題しない児童に「ペンチで歯を抜く」 小学校教諭を戒告

日記 
宿題をしない児童に「ペンチで歯を抜く」などと不適切な発言を行ったとして、兵庫県教委は23日、同県西宮市立小学校の男性教諭(30)を戒告とする懲戒処分を行った。

 県教委によると、男性教諭は昨年、担任していた4年生の女子児童が宿題をしてこないため繰り返し指導。11月上旬の放課後、図工で使うペンチを見せ、「ペンチがあれば、つめをはいだり、鼻の骨を折ったりできるんやで。次に忘れたらペンチで歯を抜かれると思ってやりなさい」などと脅すような発言をした。

 女子児童はその後、体調不良を訴えて学校を3日間休み、保護者の連絡で男性教諭の発言が判明。同校は男性教諭を担任から外した。男性教諭は保護者に謝罪し、直後から今年7月まで休職。8月に復職した。「児童を裏切ることになって申し訳ない。人間力を磨いていきたい」などと反省しているという。


言っただけなんですね、本当に抜いたのかと思った(汗)

でも、宿題を言われてもやってこない児童も問題があるとは思う。

そうまで言わすって、よほどでしょう?

まさか2回、3回程度では言わないと思うし。

親は宿題をしろとか言わなかったのかな? 学校に預けているから、そういうのも学校がするべきと思っているのか?

それで学校休むって、意外に打たれ弱いんですね・・・、何度も宿題は忘れるのに。


まぁ、この発言は行き過ぎだったのかもしれませんが、こんな事を教師に言わさない様にちゃんと宿題やって欲しいですね。

2013年10月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます