小学生の列に突っ込む=1人重体、4人が軽傷―18歳逮捕・京都・八幡|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

小学生の列に突っ込む=1人重体、4人が軽傷―18歳逮捕・京都・八幡

日記 
24日午前7時55分ごろ、京都府八幡市八幡双栗の府道で、集団登校中の市立八幡小学校の児童の列に乗用車が突っ込み、児童5人が負傷した。消防によると、うち1年の男児(6)が頭を強く打ち意識不明の重体で、6〜11歳の4人が軽傷という。
 府警八幡署は車を運転していた自称派遣会社社員の少年(18)=同市八幡吉野垣内=を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕。「左折しようとしたところ、アクセルを踏み過ぎた」などと話しているという。昨年11月に免許を取ったばかりで、けがはなかったが、検査のため病院に運ばれた。
 同署によると、集団登校していた児童は計13人で、府道南側の幅約3メートルの歩道を2列で歩いていた。
 車は信号のない丁字路を左折して府道に出たところ、北側のガードレールに衝突。車体が南側に弾み、ガードレールをなぎ倒し、歩道を歩いていた児童の列の前部に突っ込んだという。
 丁字路では一時停止し、車3台をやり過ごして府道に出たが、アクセルを踏み過ぎ、あわてて左にハンドルを切ったとみられる。 


何でこう続くのだろうか、子供の列に車が突っ込むのは・・・。

集団で行動する事で、安全に登校するのが、これでは逆効果・・・。

ここまでの被害が出るのは、相当な無茶な行為をしていたんじゃないかな?

真っ当な運転では、ここまでの事にはならないと思うのだけど。


今は、被害を受けた重体の子が早く回復してくれること祈るのみです。

2013年09月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます