JR北海道の運転士逮捕=覚せい剤使用容疑―北海道警|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

JR北海道の運転士逮捕=覚せい剤使用容疑―北海道警

日記 
北海道警札幌中央署は30日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、JR北海道の運転士木村昌弘容疑者(30)=江別市高砂町=を逮捕した。「今は話したくない」などと供述しているという。
 逮捕容疑は、30日より前の十数日間に覚せい剤を使用した疑い。同署は情報に基づき同日午前、木村容疑者の自宅を捜索し、尿検査で陽性反応が出た。覚せい剤や注射器は見つかっていない。同容疑者はこの日も出勤予定だった。
 JR北海道によると、木村容疑者は2009年4月に入社し、岩見沢運転所(岩見沢市)に所属。旭川―小樽間の特急や普通列車などに乗務していた。無断欠勤や遅刻はなかった。乗務前の点呼での体調確認でも、特に変わった点は見られなかったという。
 同社管内では、特急列車の出火などトラブルが相次いでいる。豊田誠常務は同日、札幌市の本社で会見し、「全社一丸となって取り組もうというさなか、こういう状況になった。本当に申し訳ないと思う」と話した。 


こんな薬物を使っている様な人間の運転する列車なんて乗りたくないですね、恐ろしい・・・。

過剰な勤務とかが原因で薬物に手を出したのか分かりませんけども、そうだとしても理由にはなりませんけどね。

しかし、他にはいなかったの?

しっかり全員を対象に調べて欲しいですね。
2013年07月31日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます