80歳三浦さん最高齢登頂=3度目のエベレスト―「世界最高の気分」|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

80歳三浦さん最高齢登頂=3度目のエベレスト―「世界最高の気分」

日記 
 
7大陸最高峰でのスキー滑降などで知られる冒険家の三浦雄一郎さん(80)が23日、世界最高峰エベレスト(8848メートル)の3度目の登頂に成功した。三浦さんの事務所によると80歳での登頂は史上最高齢で、2008年に76歳で登頂したネパール人の記録を大幅に塗り替えた。三浦さんは03年に70歳で、08年に75歳で登頂している。
 ベースキャンプから東京の事務所に入った連絡によると、三浦さんは元冬季五輪フリースタイルスキー代表の次男豪太さん(43)やシェルパらとともに23日午前2時15分(日本時間同5時30分)ごろ最終キャンプのC5(8500メートル)を出発し、午後0時15分ごろ山頂に到着。「世界最高の気分。80歳でまさか着くとは。ヒマラヤの景色が眼下に見える。非常に美しい。頑張って、頑張ってたどり着いた」などと語ったという。
 三浦さんは昨年10月にエベレスト挑戦を表明した後、ネパールでトレーニング中に持病の不整脈が再発したが、11月と今年1月に手術を受けて症状が改善。4月16日にベースキャンプ(5300メートル)に入り、慎重に高度順化を進めていた。
 三浦さんは66年に富士山をスキーで直滑降。70年にエベレスト8000メートル地点から滑り降り、85年には世界7大陸最高峰での滑降を達成している。


◇三浦雄一郎さんの略歴
 三浦 雄一郎(みうら・ゆういちろう)プロスキーヤー、クラーク記念国際高校長。北海道大獣医学部卒。64年にイタリア・キロメーターランセに日本人として初参加し、時速172・084キロの世界記録(当時)を樹立。66年に富士山直滑降。70年にエベレストの8000メートル地点から滑降し、その映像がアカデミー賞の長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。85年に世界7大陸最高峰でのスキー滑降を達成。エベレスト登頂は03年、08年に続き3度目。80歳。青森市出身。 


凄いですね、この年齢で・・・。

勿論、ご本人も凄いのは当然なんですが、それを可能にした周りの支え、協力も素晴らしいですね。

後は、無事に下山して欲しいですね。

下りる方が危険って聞くし。
2013年05月23日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます