求む! 「振り込め詐欺」新名称=手渡し増加、実態そぐわず―警視庁|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

求む! 「振り込め詐欺」新名称=手渡し増加、実態そぐわず―警視庁

日記 
 「振り込め詐欺」は実態にそぐわない。被害に歯止めがかからない振り込め詐欺事件のうち、現金を手渡しするケースが増えているとして、警視庁は21日、事件の新たな名称の公募を始めた。実態を反映した名称を使うことで、効果的に被害防止につなげるのが狙いだ。
 同庁犯罪抑止対策本部によると、手渡しする形の詐欺事件は、被害者の息子などに成り済ます「おれおれ詐欺」で増加。昨年東京都内で発生した1411件の約7割に当たる960件を占めた。
 このため、「振り込め詐欺」という名称では実態を反映せず、振り込み以外の手口や、電話で被害者をパニックに陥らせる犯行の特徴が伝わりやすい名前が必要と判断した。 


・・・何か、お役所仕事と言うか、力入れる所おかしくないですかね。

名称を公募している暇あるの?

まぁ、公募する事で、この詐欺について考えてもらいたいとかもっともらしい言い分はあるのかもしれませんけども。

罪をもっと重くするとか、もっと他にやる事がさぁ・・・。

正直、一々名称を高齢者の方に周知させるのは難しい気がするけどね。

もう振り込め詐欺とかおれおれ詐欺で固定化しちゃっているだろうし。

多分、公募で決まっても、高齢者はおろか、世代全体的に大して認知されないで終わると思いますけどね。

しかし、これだけ続くってのは、結局旨味があるからなんでしょうね、簡単にひっかかる人がいるから。

そういう人には、名称ごときでどうこうならない気がするけど・・・。

2013年03月21日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます