参院選「党の存亡懸ける」=海江田代表、結束訴え―民主大会、綱領を採択|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

参院選「党の存亡懸ける」=海江田代表、結束訴え―民主大会、綱領を採択

日記 
 
民主党は24日午後、政権転落後初の定期党大会を都内のホテルで開いた。海江田万里代表はあいさつで、夏の参院選について「党の存亡を懸けた戦いだ。背水の陣を敷き、死中に活を求める」と述べ、党の結束を訴えるとともに、非改選と合わせて与党の過半数阻止を目指す考えを示した。大会では、党を「既得権と闘う改革政党」と位置付けた綱領を採択した。
 海江田氏は「新しい綱領の下に一致団結しよう」と強調。これまで党運営に地方組織や党員の声を反映させる努力が足りなかったとして、「きょうから私たちも『靴底減らし運動』を始めよう」と呼び掛けた。
 2013年度活動方針も採択。参院選に関して、改選議席の維持・拡大と与党の過半数阻止を明記した。党規約も改正し、重要政策を決める際は「次の内閣」に加えて常任幹事会でも協議する仕組みとした。さらに、衆院選の敗因を「トップによる失敗の連鎖」などと総括した中間報告が了承された。 


もう存在感が全くなくなりましたね、政権から転落したら。

口だけの一致団結では、もはや崩壊している状態な現状を止める事は出来ないでしょう。

そもそも、この人は代表の器ではない気がするなぁ。
2013年02月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます