プーチン大統領、領土解決に意欲=「平和条約なしは異常」―森元首相と会談|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

プーチン大統領、領土解決に意欲=「平和条約なしは異常」―森元首相と会談

日記 
森喜朗元首相は21日午後(日本時間同日夜)、モスクワのクレムリン(大統領府)でプーチン大統領と約1時間会談した。プーチン氏は大統領復帰前の2012年3月、北方領土問題をめぐり自らが言及した「引き分け」による最終決着について、「勝ち負けのない、双方に受け入れ可能な解決だ」と説明。具体的な解決策には踏み込まなかったが、「(日ロ)両国間に平和条約がないことは異常な事態だ」とも述べ、平和条約の前提となる領土問題の解決に意欲を示した。
 森、プーチン両氏の親交は深く、会談は16回目。森氏は今回、安倍晋三首相の特使として派遣され、首相から預かった親書をプーチン氏に手渡した。
 プーチン氏は年内に予定される首相訪ロについて「早期の訪問をお待ちしている。日ロ関係発展の良いステップになる」と語り、日ロ首脳会談の早期実現に期待を示した。 


向こうから持ちかけてきたのは、十分チャンスがあるのではないかな。

何とかこの機会を無駄にしないで、目に見える進展を見せて欲しいですね。

ロシア、中国、韓国と・・・、領土問題は本当に根が深く解決が大変だなと改めて感じますね、最近の動きを見ても。

2013年02月22日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます