シャープに措置命令=掃除機に表示性能なし―プラズマクラスター機能で・消費者庁|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

シャープに措置命令=掃除機に表示性能なし―プラズマクラスター機能で・消費者庁

日記 
 シャープが製造、販売したイオン発生装置を搭載する掃除機について、広告でうたわれた性能がなかったとして、消費者庁は28日、同社に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。
 関係者によると、問題があった広告は、イオンの発生装置「プラズマクラスター」を組み込んだ掃除機。室内に浮遊するダニのふん、死がいなどアレルギーの原因となる物質を分解、除去するなどとパンフレットやホームページで表示していた。
 しかし、同庁が外部の研究機関に依頼して調べた結果、表示された通りの性能は確認できなかったという。
 同社は広告の注釈で「1立方メートルのボックス内での実験結果」などと記していたが、同庁は同様の効果が室内で得られると消費者に誤解を与える表示内容だと判断した。 


う〜ん、最近のシャープのニュースはろくなのがないですねぇ。

まぁ、全体的に各メーカーの元気がないですよね。

もっと頑張って欲しいんですけどねぇ、よその国のメーカーなんかに負けないで欲しい。


しかし、今回の件はシャープにはダメージが大きいでしょうね。

シャープ製品って大概こんなのついているイメージがあったけど、それに意味がないなんて事になっては・・・。

まぁ、こういう機能って一般人には効果分からないしなぁ。

一時期マイナスイオン、マイナスイオンってどこも言ってた頃は、必要か?って商品にもついてたなぁ。

ただランプがつくだけだし、そんなイオンを発生させる装置すらついているかすらも怪しいものでしたけども(汗)

2012年11月28日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます