「親の注意なし」6割=交流サイト事件の児童―容疑者88%、わいせつ目的|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

「親の注意なし」6割=交流サイト事件の児童―容疑者88%、わいせつ目的

日記 
見知らぬ人と交流できるコミュニティーサイトを通じて児童が犯罪に遭った事件を警察庁が調べたところ、容疑者側の動機の88%がわいせつ目的だった一方、被害児童の多くは「遊ぶため」「優しい人だから」といった理由で会っていたことが分かった。児童の94%は有害サイトの閲覧制限サービス「フィルタリング」に未加入で、63%は親から注意を受けていなかったことも判明した。
 児童や親の無防備が目立っており、同庁は「引き続き注意を呼び掛けたい」としている。
 調査は、出会い系サイトを除く交流サイトをきっかけに起き、1〜6月に摘発された599事件を対象に行われた。
 容疑者が供述した動機は「性交」74%、「わいせつ画像収集」14%だった。サイトで被害児童と知り合ってから犯行に及ぶまでの日数は、34%が1週間以内で、「当日か翌日」も13%あった。 


これ児童ってのが、どれくらいの年頃を示しているんですかね?

でも、児童ってあるんだから、小学生〜中学生くらい?

今の時代、物騒だし携帯のひとつも持たせるのは仕方ない面もあるでしょうが、それを使って自分から被害者になっては意味がないですけどねぇ・・・。

まぁ、中には何も警戒せずに被害ってよりも、分かってて金銭のためにって考えの児童もいるんだろうなぁ・・・。

フィルタリングなどの対策も、やる人間は抜け道見つけてやるんだろうけども、少しでもその数を減らす努力はすべきでしょうね、保護者たちも。
2012年11月06日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます