米兵、飲酒後に住居侵入疑い=中学生に暴力も―夜間外出禁止令中・沖縄県警|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

米兵、飲酒後に住居侵入疑い=中学生に暴力も―夜間外出禁止令中・沖縄県警

日記 
2日午前1時ごろ、沖縄県読谷村古堅の飲食店で男が暴れていると110番があった。沖縄県警嘉手納署員が駆け付けたところ、米軍兵士とみられる男が倒れており、米軍のキャンプ桑江(北谷町)の病院に搬送された。男が男子中学生(13)を殴った疑いもあり、同署は住居侵入や傷害容疑などで捜査している。
 同署によると、男は米空軍のIDカード(身分証明証)を所持していた。男は24歳で空軍嘉手納基地所属の兵士とみられる。
 在日米軍司令部は沖縄県で10月に起きた米海軍兵士2人による日本人女性乱暴事件を受け、駐留する米兵に午後11時から翌午前5時までの夜間外出禁止令を出していた。繰り返される米軍の不祥事に反発が広がっている。
 読谷村の石嶺傳實村長は「全村民を代表して強く抗議する。今回の夜間外出禁止令は一体何だったのか。早急に日本側へ(加害者の身柄を)引き渡すべきだ」との声明を出し、事件を厳しく批判した。 


ニュース見てびっくりしました・・・。

この間の事件があったばかりなのに。

ニュースで時間来ると、慌ただしく基地に帰っていく米軍の人らを見てたけども、またこんな事が。

外出禁止令を無視して飲酒して、更に住居侵入で暴行とか・・・救いようのない馬鹿ですね。

殆どの米軍の人は、真面目に守っていると思うのに、こういう一部の馬鹿のせいで全体が迷惑を被るのはたまりませんね。

殴られた人は怖かったろうなぁ・・・。

酔った米軍兵士に家の中入られたら、泣くわ・・・、私なら。

2012年11月02日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます