がれき受け入れは精神的苦痛=北九州市と宮城県相手に提訴|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

がれき受け入れは精神的苦痛=北九州市と宮城県相手に提訴

日記 
 宮城県の震災がれきの受け入れを北九州市が決定したことにより、精神的苦痛を受けたとして、北九州市や福岡県の市民ら142人が同市と搬出元である宮城県を相手取り総額1562万円の損害賠償を求める訴訟を27日、福岡地裁小倉支部に起こした。

 市では宮城県石巻市の震災がれき受け入れを決め、来月中にも本格焼却が開始されることになっている。
 訴状などによると、受け入れを決める前に行われた試験焼却では法で定められた放射線取扱主任者の選任をせずに焼却を実施し、市民を放射線障害などの危険に陥れたと主張。また、がれきに有害化学物質が含まれている可能性があり、埋め立てもできないなどと訴えている。

 北橋健治北九州市長の話 訴状が届いていないので内容についてコメントできない。反対される方々にはこれまでも幾度となく説明を行ってきたがご理解いただけなかったのは残念だ。今後も市民への説明は続けていきたい。
 村井嘉浩宮城県知事の話 訴状が届き次第、内容を検討いたしますが、提訴という事態は大変残念に思います。 


・・・正直、残念なニュースですねぇ。

まぁ、私の地元でもがれき受け入れに対して反対論が根強い所もあり、中々この受け入れの問題は進んでいないので、気持ちは分からなくはないですけども、損害賠償を求めるって行為はさすがにやり過ぎな気がします。

被災地から賠償を求めるのは、正直酷いと思いますね。

まだ受け入れ拒否までは分かりますけどね・・・。

真意はどうあれ、お金目当てと思われてしまいますよ、これでは。
2012年07月28日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます