森元首相が不出馬の意向=次期衆院選「見合わせたい」|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

森元首相が不出馬の意向=次期衆院選「見合わせたい」

日記 
自民党の森喜朗元首相(75)が22日の地元石川県能美市での会合で「次の選挙に出ることを見合わせたいという思いだ」と述べ、次期衆院選に立候補しない意向を表明していたことが分かった。森氏の事務所関係者が23日明らかにした。
 それによると、森氏は当選同期の小沢一郎氏が民主党を離れ、新党「国民の生活が第一」を設立したことに触れ、「仲間を無理やり引き連れて、哀れな道をたどっている」と指摘。「今の小沢さんの姿を見るにつけ、私は政治の道を極めることができたことを考えると、これでよかった。元気なうちに若い人に道を譲るのが大事だ」と述べたという。
 森氏は1969年の衆院選に旧石川1区から出馬し初当選、以後14回連続で当選した。文相、通産相、自民党幹事長などを歴任し、2000年4月に故小渕恵三首相(当時)が急病で入院したことを受けて党総裁に選出され、第85代首相に就任した。
 

まぁ、年齢も年齢ですし、いいのではないですかね?

思えばこの人が首相の時も、世の中色々あった訳ですけども、今やそんなの珍しくは無くなってしまっているなぁ・・・。

辞める辞める言っても、まだまだ色んな所でペラペラお喋りになる総理経験者もいる中、潔い引き際ではないですかね。

年齢的に身体も負担がかかるだけに、この辺りでゆっくりされるのがいいのではないかな。

2012年07月23日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます