小沢氏ら54人超反対=増税法案が衆院通過―民主、事実上分裂|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

小沢氏ら54人超反対=増税法案が衆院通過―民主、事実上分裂

日記 
野田佳彦首相が「政治生命を懸ける」とした消費増税を柱とする社会保障と税の一体改革関連法案は26日午後の衆院本会議で採決され、与党と自民、公明両党などの賛成多数で可決された。しかし、民主党からは消費増税法案の採決で、小沢一郎元代表を含め、野田政権を少数与党に追い込む目安となる54人を上回る議員が反対票を投じるなど、大量の造反者が出た。小沢氏は離党、新党結成も視野に入れており、民主党は事実上分裂した。

 衆院を通過した関連法案は計8本。現在5%の消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる一方、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた最低保障年金創設や、後期高齢者医療制度の廃止、国民年金と被用者年金の一元化は、有識者らでつくる「社会保障制度改革国民会議」の議論に委ねる内容だ。首相は参院での審議を経て、9月8日までの今国会中の成立を目指す。

 首相は26日夕に首相官邸で記者会見し、法案成立に向けた決意を表明する。小沢氏も支持する議員らと会合を開き、今後の政治行動について説明する見通しだ。 


毎回この手の採決では、棄権、欠席がいますね。

逃げてばかりで・・・、情けない。

まぁ、思えば、消費税上げないと言って政権を取ったはずなのに、いつの間にか増税に政治生命を懸けるとまで言い出す、この茶番はいい加減にしてほしいですね。

あの首相に、造反した議員を重い処分などできないと思うけど、果たして・・・。

2012年06月26日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます