職員30人、親族が生活保護受給=大阪府東大阪市|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

職員30人、親族が生活保護受給=大阪府東大阪市

日記 
大阪府東大阪市で、親や子など2親等以内の親族が生活保護を受給している職員が約30人いることが、25日分かった。お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親による受給など、生活保護制度が問題になっていることから市が調査し、判明した。
 市では、生活保護の申請があった際、2親等以内の親族を「重点的扶養義務者」と位置付け、扶養の可否を確認している。今回判明した職員30人のうち、29人は扶養できないと回答していたという。
 市はこれらの職員に特別な対策を実施する予定はないとしつつも、「扶養の可否の確認を改めて強化していく」としている。 


またゴロゴロ出てきましたねぇ・・・。

大阪だからとか言いたくないけど、問題多い気がするのは確かですね。

まぁ、他が表に出ていないだけなのかもしれませんが。

公務員なのに親族が生活保護ってのは・・・ちょっと・・・、しかも数が多いでしょう。

全部とは言いませんけども、何割かは不正っぽい感じがしますね。

特別な対策は実施しないとか・・・、相変わらずな対応にがっかりです。

裏に何かいるんでしょうね、こういう事に詳しい指南役が。
2012年06月25日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます