被害者連絡先、無断で伝える=府警、加害者の少年父に―署長謝罪、車暴走10人死傷|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

被害者連絡先、無断で伝える=府警、加害者の少年父に―署長謝罪、車暴走10人死傷

日記 
京都府亀岡市の暴走車10人死傷事故で、府警亀岡署が事故を起こして逮捕された運転手の少年(18)の父親に対し、被害者10人の住所や連絡先を無断で伝えていたことが25日、分かった。府警は大棚吉一亀岡署長らが同日午後、事故で亡くなった同市の松村幸姫さん(26)と小学2年小谷真緒さん(7)の家族を訪れて謝罪した。府警監察官室は、経緯について調査を始めた。

 大棚署長は26日未明、亀岡署で記者会見し、「ご家族、被害者の方を本当に傷つけることになり、全く配慮が足りなかった」と謝罪した。

 署長の説明によると、少年の父に伝えたのは事故で死傷した10人の名前と住所、連絡先の電話番号。事故翌日の24日午前、亀岡署で署員が少年の父親に口頭で伝えたという。

 松村さんの家族から25日に抗議を受け、署長が松村さん宅を訪れて謝罪。小谷さんの家族にも府警の警察官が訪れ、謝罪と説明をしたという。

 松村さんの父親や夫によると、松村さんの携帯電話に25日午後、少年の父親から「謝罪したい」「告別式に出たい」といった電話がかかり、松村さんの夫が受けた。いったん切った後、松村さんの父親が、着信した電話番号にかけ直したところ、少年の父親が出て、亀岡署から連絡先を聞いたと話した。

 府警側は当初、伝えた情報は死亡した2人分だけだったと松村さんの父親に説明。その後、10人分を伝えたと訂正したという。
 一方、少年の父親は同日までの取材に「できる限り誠意を持って、被害者におわびしたいと思っている」と語っていた。
 友井昌宏警務部長は「監察部門で事実関係を調査中であり、その結果に基づき厳正に対処する」とコメントした。


また失態・・・、何しているんだか・・・。

そりゃ、向こうの家族もこんな大惨事を起こした事で謝罪の気持ちを伝えたいとする気持ちは分かりますが・・・。

勝手に伝えちゃダメでしょ、警察が。

一言聞いてからにしたら、こんな事にならないのに・・・。

それに毎回思うけど、逮捕された加害者は「少年」で、被害を受けた人だけが実名なのかな・・・。

そこに強い違和感を感じるんだけど・・・。

守るべき相手、間違っていないの?

一般との感覚のズレを感じてしまいますね・・・。
2012年04月26日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます