患者の爪剥がした疑い=看護助手を逮捕、7年前にも―「仕事でいらいら」・京都|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

患者の爪剥がした疑い=看護助手を逮捕、7年前にも―「仕事でいらいら」・京都

日記 
 入院中の女性患者の足の爪を剥がしたとして、京都府警五条署は25日、傷害容疑で、京都市西京区川島六ノ坪町、看護助手佐藤あけみ容疑者(37)を逮捕した。佐藤容疑者は2004年にも患者6人の爪を剥がしたとして傷害罪に問われ、実刑判決を受けた。同署によると、「仕事や生活のことでいらいらしてやってしまった」と話し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は24日午前10時半ごろ、京都市中京区押堀町の毛利病院で、手首などの骨折で入院していた同区内の無職女性(80)の左足親指の爪を剥がした疑い。
 同日昼ごろ、巡回中の看護師が女性の指から血が流れているのに気付き、スタッフらに事情を聴いたところ、佐藤容疑者が爪を剥がしたことを認めたため、病院が五条署に通報した。

 同署によると、同病院の関係者は8月に入ってから患者数人の爪が剥がれていることを認識し、「おかしいと思っていた」と話しているという。
 佐藤容疑者は04年秋、京都市南区の別の病院で仕事上のストレスや不満から患者6人の手足の爪を剥がしたとして逮捕され、06年1月に京都地裁で懲役3年8月の実刑判決を受けた。 

・・・文章でも痛々しい。

そんな理由で爪剥がされたらたまりませんね。

そもそも前に同じことしている人間を何で採用したんだ・・・。

まさかもうしないだろうとか思ってたのかな?

患者の身体を痛めつけてストレスのはけ口にしたとか、頭おかしい。

・・・また、ほとぼり冷めたらどこかで復職するんじゃないだろうなぁ。
2011年08月25日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます